スパイクの決め方は、以下の通りです。 ・守りが弱い場所に打つ ・スパイクの種類を使い分ける ・臨機応変にコースを変える ・気持ちを込める まず、スパイクは守りが弱い場所を狙って打つようにしましょう。 相手チームの中にレシーブが苦手な人がいるのであれば、そこをメインに攻めてください。 仮にどの選手もレシーブが上手くても、穴となる場所が試合中にできるはずなので、それを早めに探るようにします。 また、同じスパイクばかり打っていると相手に予測されてしまいますから、ストレートスパイクとクロススパイクを使い分けてください。 そうすることで、相手は選択肢が1つから2つになり、絞りづらくなります。 これにフェイントを加えることによって、さらに効果がアップするはずです。 臨機応変にコースを変えるというのも重要なことで、守りが弱い場所ばかりを狙っていても、遅かれ早かれ対策を取られて決まらなくなります。 相手のポジショニングを冷静に確認して、どこに打てば決まるのかを判断してください。 そして、気持ちで込めて打つというのも大切です。 絶対に決めるという気持ちで打てば、決まりやすくなるでしょう。